Loading...
かごしまACTヘッダーイメージ

1月21日(土)県立奄美図書館にて八月踊りを考えるトークセッション

八月踊りの歴史や背景をはじめ、集落ごとによる踊りの違い。島の人々にとっての「八月踊り」への想いや、これからの「継承」についてトークセッションを行う。

■日 時 平成29年1月21日(土)13:30~15:30(トークセッションは終了いたしました)
■会 場 県立奄美図書館 研修室(4F)
■対 象 どなたでも可
■人 数 100名程度(事前募集)
■講 師 小川 学夫(おがわ ひさお)先生 元鹿児島純心短期大学教授
■パネラー 前田 和郎(まえだ かずろう)氏(笠利町佐仁八月踊り保存会会長)
永田 隆博(ながた たかひろ)氏(浦上地区八月踊り青年団長)
■司 会 丸田泰史(あまみFMパーソナリティ)
■内 容
  1. 八月踊りは何の為に踊るのか(歴史と背景)
  2. 踊りの違いについて(映像などを交えて)
  3. 島の人にとっての八月踊り(パネラーの方の意見を交えて)
  4. これからの八月踊り~継承につい
  5. 質疑応答

SATSUMA城山物語2018
かごしま Art Weekend
アートマネージメント入門編関係報告
文化芸術団体へのリンク
メディアへのへの広告・パブリシティ情報
検索
言語選択
タブレット・スマートフォン対応