Loading...
かごしまACTヘッダーイメージ

事業概要(平成28・29年度リーディングプロジェクト創造事業)

事業1

「文化芸術による地域活性化講座(アートマネジメント入門編)」の受講生募集のお知らせ!!!

今年度、鹿児島県及びリーディングプロジェクト創造事業企画委員会は、人材育成に向けた取り組みとして「文化芸術による地域活性化講座(アートマネジメント入門編)」を開講いたします。

本講座は、文化芸術と私たちの生活をつなぐ場を創り出す「アートマネジメント」の知識とスキルを学び、地域づくりの担い手として活躍する人材の育成を目的としています。初めて企画を作ってみようと思っている方、解決したい地域の課題があるけれどどうしていいかわからない方など、「はじめて」の方、大歓迎です。

文化芸術事業の実施に必要なスキルである企画の立て方や話し合いの進め方などについて、基礎からしっかりと学ぶことができます。「座学」と「実践」から構成されており、座学で知識を学んだあと、実践として参加者の皆さんに実際にイベントを企画・運営していただきます。

講座期間は、今年6月から来年3月までの約10か月です。
詳しくは、掲載チラシをご覧ください。5月19日金曜日まで募集しております。ご応募、お待ちしております!

■ 名  称 文化芸術による地域活性化講座(アートマネジメン入門編)
■ 開催期間 平成29年6月~平成30年3月 全10回
■ 会  場 県民交流センター研修室又は県庁内会議室(共に鹿児島市)
■ 定  員 20名 (参加無料・要申し込み)
※申込者多数の場合は抽選をおこないますので、あらかじめご了承ください。
(申込先着順ではありません。)
■ 対  象 文化芸術に興味のある満18歳以上の方
※全10回すべて参加できる方。
■ 主  催 鹿児島県、リーディングプロジェクト創造事業企画委員会
■ 統括講師 井原慶一郎氏(鹿児島大学法文学部教授)
■ 申込み先 NPO法人 PandA(ピーアンドエー)
■ 申込方法 メール(pandainfo@npo-panda.jp)または郵送(〒899-2701鹿児島市石谷町2155-27)
チラシ中面にある応募要項・募集条件をご覧ください。
■ 応募締切 平成29年5月19日(金) (募集は終了いたしました)

■ チラシのダウンロードはこちらから↓↓
文化芸術による地域活性化講座(アートマネジメント入門編)の受講生募集のお知らせ

平成29年度「かごしまArt Weekend」と特別講演会

「かごしまArt Weekend」は,県が主催する「文化芸術による地域活性化講座(アートマネジメント入門編)」の受講生が協働で企画運営する3つのイベントの総称です。
6月の開講以降,受講生らは,アートマネジメント,企画,デザイン,広報などの講座を受けながら,3つのチームに分かれ,自ら企画運営するアートイベントの検討を重ねてきました。それぞれ特色あるユニークなイベントとなっています。
また,当講座の第2回の特別講演会も併せて開催し,全国におけるアートマネジメントの動きについてお話いただきます。

1.「かごしまArt Weekend」各イベントの内容 「終了しました。」 

<イベント1>

■ 名  称 「描く重ねる西郷さんと-アートできづく新たな景色-」
■ 概  要 西郷像を観ながら透明なアクリル板に自由に描写してもらい,その作品を西郷像に透かして見ることで生まれる新しい風景を楽しむワークショップ。また,ゲストアーティストに篠崎理一郎氏を迎え,作品を隣のK10カフェに展示し,特別ワークショップも開催する。
■ 日  時 ワークショップ 平成30年2月24日(土) 10:00~17:00
篠崎氏作品展示 平成30年2月17日(土)~24日(土)
(※篠崎氏の特別ワークショップは24日 10:00~12:00)
■ 場  所 中央公民館前広場,中央公民館(地下会議室),K10カフェ
■ 料  金 無料(K10カフェでの飲食は除く)
■ 企画運営 偉人×アート実行委員会
■ プレスリリース資料
■ フライヤー
「描く重ねる西郷さんと-アートできづく新たな景色-」 プレスリリース資料(PDF1.4MB) 「描く重ねる西郷さんと-アートできづく新たな景色-」 フライヤー(PDF2.4MB)

<イベント2>

■ 名  称 「酔くろうアートナイト」
■ 概  要 鹿児島の夜の新しい過ごし方の提案として,飲食しながらアーティストのライブペインティングを楽しめるイベントを開催する。
■ 日  時 平成30年2月24日(土) 18:00~22:00
■ 場  所 ラ・キヌア(鹿児島市中町8-9)
■ 料  金 3,000円/人(ブッフェ形式,1ドリンク付)
■ 企画運営 アートナイト@KAGOSHIMA 運営委員会
■ プレスリリース資料
■ フライヤー
「酔くろうアートナイト」 プレスリリース資料(PDF1.5MB) 「酔くろうアートナイト」 フライヤー(PDF1.8MB)

<イベント3>

■ 名  称 企画展「なくてもいいものなんでしょうけど」言葉で感じる天文館
■ 概  要 天文館の老舗店主にインタビューし,仕事や街への想いを感じる「言葉」を集め,本人の愛用品などと共に展示する企画展を開催する。
■ 日  時 平成30年2月23日(金)~25日(日) 各日11:00~19:00(最終日は17:00まで)
■ 場  所 Shop & Gallery SOMETHING(鹿児島市東千石町11-14-2)
■ 料  金 無料
■ 企画運営 言葉で感じる天文館実行委員会
■ プレスリリース資料
■ フライヤー
企画展「なくてもいいものなんでしょうけど」言葉で感じる天文館 プレスリリース資料(PDF573KB) 企画展「なくてもいいものなんでしょうけど」言葉で感じる天文館 フライヤー(PDF319KB)

2.講座特別講演会 「終了しました」

■ 名  称 文化芸術による地域活性化(アートマネジメント入門編) 特別講演Vol.2
■ 日  時 平成30年2月25日(日)10:30~12:00
■ 場  所 県民交流センターギャラリー第1
■ 講  師 伊藤達矢氏(東京藝術大学美術学部特任准教授)
■ 演  題 「アートで社会を変える実践~福島/会津と東京/上野での取り組み~」
■ 定  員 100名(申込み不要)
■ 料  金 無料

事業2

おおすみACTとは

国民文化祭の流れを受けて、鹿児島の文化芸術をさらに発展させようと昨年度から展開している「かごしま文化維新プロジェクトACT」。今年度は「おおすみACT」と題し、アートや伝統を切り口に大隅の皆さんと大隅の風土や特色に根ざしたイベントを展開します。

『大隅アートライブ』 ~カミは“すみ”に宿る~「終了しました」

大隅地域の名所や街中等における多様なアート作品をとおして、大隅の風土や特色を体感しつつ、地域の文化芸術の活性化を図ります。制作や展示活動をとおして地域住民との交流や現地の素材を取り入れることにより、場所を限定したオリジナルの作品として展観します。

■ 名  称 『大隅アートライブ』 ~カミは“すみ”に宿る~
■ 展示期間 平成29年11月3日(金)~26日(日) ※期間中に制作中の作品あり。
■ 展示会場 大隅4市5町(鹿屋市、垂水市、曽於市、志布志市、大崎町、東串良町、肝付町、錦江町、南大隅町)
■ 参加アーティスト <県外アーティスト>
・Maya Onoda(和紙によるインスタレーション)東京
・藤本髙廣(鉄ジャンクアート)熊本
<県内アーティスト>
・C.I.co.(ダンスパフォーマンス)
・いちだみなみ(インスタレーション)
・岩木詩緯子(インスタレーション)
・架爾美智也(巨大ペインティング)
・田原迫 華(彫刻)
・萩原貞行(空間造形)霧島市
・橋口博幸(竹によるインスタレーション)
・宮内裕賀(イカのインスタレーション)
・KTSアートマーケット受賞作家 受賞者:まむねむこ mamu nemuko 鹿児島市
■ キュレーター 宮薗広幸(鹿児島県霧島アートの森)
■ 主  催 かごしま文化維新プロジェクトACT(リーディングプロジェクト創造事業企画委員会)
鹿児島県
■ 共  催 大隅4市5町(鹿屋市、垂水市、曽於市、志布志市、大崎町、東串良町、肝付町、錦江町、南大隅町)
■ 後  援 南日本新聞社、NHK鹿児島放送局、MBC南日本放送、KTS鹿児島テレビ、KKB鹿児島放送、KYT鹿児島読売テレビ、FM鹿児島

鉄の廃材大募集 ※募集は締め切らせていただきました。

制作材料として、鉄なべ、フライパン、鍬や鋤など不要になった鉄製の日用品や農具(錆びていても構いません)を募集します。
◎ 募集期間
2017年10月まで
◎ 連絡先
TEL : 090-4345-6268(山口) MAIL : kikoki.y@gmail.com
MBCサンステージ TEL : 099-285-1160 FAX : 099-285-1161
◎ 備 考
● 家電・プラスチック製品、空き缶など鉄以外はご遠慮下さい。
● トラックなどを使わず、人が運べるサイズに限ります。
● 提供いただいた鉄材は、作品になってもお返しできません。

アート×伝統芸能 「ネオ・郷土芸能」創作プロジェクト「終了しました」

大隅各地で盛んに行われている郷土芸能。棒踊りや刀舞などどれも貴重な地域の文化遺産です。そのような郷土芸能も少子化、過疎化の波にもまれ、継承が難しくなっています。そこで鹿屋市を拠点に活動する松永太郎氏のプロデュースにより、「ネオ郷土芸能」創作プロジェクトを展開します。
今ある“伝統芸能”も生まれた時は“新作芸能”でした。「古から学び、今を創る」新たな郷土芸能を創作することは、郷土の伝統や文化を見つめ直すきっかけとします。

<パフォーマンス披露>
■ 大隅の國やっちく松山藩 期 日 : 平成29年11月12日(日)
会 場 : 志布志市松山城山総合公園多目的広場
■ 鹿屋秋祭り 期 日 : 平成29年11月26日(日)
会 場 : 鹿屋市中央地区商店街(リナシティ鹿屋駐車場)

事業概要(平成28年度リーディングプロジェクト創造事業)

本年度は、奄美地域における芸能や文化に焦点を当てた事業展開を図るとともに、本事業の県内外へのアピールを目的とした広報活動を行います。

奄美地域は、今年予定される国立公園化や来年の登録を目指す世界自然遺産登録に向け取り組み、また平成30年のNHK大河ドラマ「西郷どん」の全国放送等で話題性が高まっている注目の地域です。

事業1

AIフェスティバル 創作舞踊劇「ガジユータ」-ケンムンの住む島 奄美- 「終了しました」

元シルク・ドゥ・ソレイユ日本人初ソロダンサーで昨年の国民文化祭総合開会式で総合振付を担当し、現在は奄美市地域おこし協力隊員として活躍されている谷よう子氏が、「島外からの視点」による奄美の自然や生き物、民話、歴史、郷土芸能をモチーフに演出・振付した創作舞踊劇。
子どもからお年寄りまで約90名の奄美の人々と、国内外で活躍する一流パフォーマーたちの共演による、子どもから大人まで楽しめるステージです。

■ 日 時 平成29年3月19日(日)   14:00~開場/ロビー開演 15:00~ステージ開演
■ 会 場 奄美文化センター (奄美市名瀬長浜町517)
■ ゲスト
  • 谷よう子氏(元シルク・ドゥ・ソレイユ日本人初ソロダンサー、第30回国民文化祭・かごしま2015オープニングフェスティバル総合振付)
  • 大前光市氏(リオパラリンピック閉会式出演ダンサー)
  • 船木勇佑氏(元シルク・ドゥ・ソレイユパフォーマー 縄跳び)
  • 鈴木陽平氏、渋谷亘宏氏(シルク・ドゥ・ソレイユ登録ダンサー、日韓ダンスインキュベーション招待ダンサー)
  • おこたんぺ氏(シルク・ドゥ・ソレイユ登録クリスタルパフォーマー)
  • 友情出演:増田ゆーこ氏他
  • 90名の奄美の人々

■ 入場無料/事前申込制

応募人数 1,300名
応募期間 平成29年2月28日(火)必着 ※席に余裕がある場合は締切後も受付いたします。
応募方法 メディア・広告内及びトピックス「ガジュータ」開催内チラシデータ(裏面)を出力し、必要事項をご記入の上、お申し込みください。
当選案内 応募者多数の場合は抽選。案内状の発送をもって入場の案内にかえさせていただきます。

事業2

ワークショップ「八月踊りを考えるトークセッション」 「終了しました」

八月踊りの歴史や背景をはじめ、集落ごとによる踊りの違い。島の人々にとっての「八月踊り」への想いや、これからの「継承」についてトークセッションを行います。

■ 日 時 平成29年1月21日(土) 13:30~15:30
■ 会 場 県立奄美図書館 研修室(4F)
■ 対 象 どなたでも可
■ 人 数 100名程度(事前募集)
■ 講 師 小川 学夫(おがわ ひさお)先生 元鹿児島純心短期大学教授
■ パネラー 前田 和郎(まえだ かずろう)氏(笠利町佐仁八月踊り保存会会長)
永田 隆博(ながた たかひろ)氏(浦上地区八月踊り青年団長)
■ 司 会 丸田泰史(あまみFMパーソナリティ)
■ 内 容
  1. 八月踊りは何の為に踊るのか(歴史と背景)
  2. 踊りの違いについて(映像などを交えて)
  3. 島の人にとっての八月踊り(パネラーの方の意見を交えて)
  4. これからの八月踊り~継承について
  5. 質疑応答

奄美の伝統工芸を学ぶ体験学習「泥染め」 「終了しました」

奄美の伝統工芸である泥染めの技術を学びながら、3月19日に開催される創作舞台劇「ガジユータ」の舞台美術づくりや衣装づくりを体験していただきます。

奄美市会場

■ 期 日 平成29年1月22日(日)
■ 時 間
  • 9:00~12:00 AIフェスティバル出演者による舞台衣装泥染め体験(10名)
  • 13:00~17:00 一般募集によるAIフェスティバル舞台美術泥染め体験
    (先着30名 対象:小学生~高校生)
■ 会 場 肥後染色(龍郷町戸口2176)

※入場無料・事前申込制

応募締切 定員に達し次第、受付終了(受付終了いたしました)
応募方法 希望者全員の氏名、年齢、代表者の郵便番号、住所、連絡先を明記の上応募事務局まで
ハガキ・FAX・E-mailでお申し込みください。
当選案内 応募者多数の場合は抽選。案内状の発送をもって入場の案内にかえさせていただきます。
応募事務局 (有)アーマイナープロジェクト
〒894-0031奄美市名瀬金久町4-3-2F
FAX 0997-53-2230 TEL 0997-53-2202
E-mail info@a-mp.co.jp

鹿児島市会場

本場・大島紬の技に触れるワークショップ(泥染め体験) 「終了しました」

■ 期 日 平成29年2月18日(土)
■ 会 場 かごしま環境未来館
■ 時 間 午前・午後:一般募集による泥染め体験(各10名)
■ 指 導 金井工芸(龍郷町)

かごしま環境アートフェスティバルとの連携

昔から伝わる奄美の食を学ぼう、作ろう 「終了しました」

■ 期 日 平成29年2月19日(日) 10:00~13:00
■ 会 場 かごしま環境未来館
■ 講 師 久留ひろみ先生
■ 参 加 一般募集(定員20名)

かごしま環境アートフェスティバルとの連携

事業3

キックオフイベント「 かごしま文化維新プロジェクトACT スタート!」 「終了しました」

本プロジェクトを広く県民に周知するべく、昨年の国民文化祭総合開会式に携わった、または出演された方々のコラボレーションパフォーマンスによるキックオフイベントを開催いたします。また3月開催の創作舞踊劇「ガジユータ」のPRが同時に行われます。

■ 日 時 平成29年2月25日(土)  10:00~17:00
■ 会 場 イオンモール鹿児島「風の広場」 (鹿児島市東開町)

■ 内 容

(1)トーク&スペシャルステージ

第1部 12:00~ 松永太郎×山下剛 パフォーマンス&トーク

  • 昨年の国民文化祭総合開会式の演出を担当した松永太郎氏と、出演した薩摩琵琶奏者の第一人者山下 剛氏による、国文祭での経験を映像等を交えたトーク。
  • 山下氏の薩摩琵琶演奏と松永氏の楽器演奏等による共演。

12:35~ 山下 剛氏による薩摩琵琶演奏

第2部 13:00~ 谷よう子×楠田莉子 パフォーマンス&トーク

  • 昨年の国民文化祭総合開会式の総合振付を担当した谷よう子氏と、出演した民謡民舞全国大会優勝者の楠田莉子さんによる、国文祭での経験を映像等を交えたトーク。
  • 3月に奄美で開催する舞踊劇(AIフェスティバル)の一部を披露。
    (楠田さんの三線の演奏に合わせた谷さんのダンスパフォーマンス)

13:30~ 楠田莉子さんによるミニライブ

第3部 14:00~ 「ガジュータ」 PRステージ

  • 3月に奄美で開催する舞踊劇(AIフェスティバル)の演出・振付を担当する谷よう子氏と、主要キャストとして出演するパフォーマー「おこたんぺ」氏によるPRトーク。
  • 「おこたんぺ」氏によるパフォーマンスステージも実施。

(2)パフォーマンスステージ

15:00~ 昨年の国民文化祭閉会式に出演いただいたダンスグループTRUESの皆さんによるパフォーマンス。

16:00~ 「おこたんぺ」氏によるパフォーマンスステージ(2回目)

(3)オリジナルホームページ体験

 

事業概要(平成30年度リーディングプロジェクト創造事業)はこちら

SATSUMA城山物語2018
かごしま Art Weekend
アートマネージメント入門編関係報告
文化芸術団体へのリンク
メディアへのへの広告・パブリシティ情報
検索
言語選択
タブレット・スマートフォン対応