Loading...
かごしまACTヘッダーイメージ

news

「かごしまArt Weekend」と特別講演会を開催します。

「かごしまArt Weekend」は,県が主催する「文化芸術による地域活性化講座(アートマネジメント入門編)」の受講生が協働で企画運営する3つのイベントの総称です。
6月の開講以降,受講生らは,アートマネジメント,企画,デザイン,広報などの講座を受けながら,3つのチームに分かれ,自ら企画運営するアートイベントの検討を重ねてきました。それぞれ特色あるユニークなイベントとなっています。
また,当講座の第2回の特別講演会も併せて開催し,全国におけるアートマネジメントの動きについてお話いただきます。

1.「かごしまArt Weekend」各イベントの内容

<イベント1>

■ 名  称 「描く重ねる西郷さんと-アートできづく新たな景色-」
■ 概  要 西郷像を観ながら透明なアクリル板に自由に描写してもらい,その作品を西郷像に透かして見ることで生まれる新しい風景を楽しむワークショップ。また,ゲストアーティストに篠崎理一郎氏を迎え,作品を隣のK10カフェに展示し,特別ワークショップも開催する。
■ 日  時 ワークショップ 平成30年2月24日(土) 10:00~17:00
篠崎氏作品展示 平成30年2月17日(土)~24日(土)
(※篠崎氏の特別ワークショップは24日 10:00~12:00)
■ 場  所 中央公民館前広場,中央公民館(地下会議室),K10カフェ
■ 料  金 無料(K10カフェでの飲食は除く)
■ 企画運営 偉人×アート実行委員会
■ プレスリリース資料
■ フライヤー
「描く重ねる西郷さんと-アートできづく新たな景色-」 プレスリリース資料(PDF1.4MB) 「描く重ねる西郷さんと-アートできづく新たな景色-」 フライヤー(PDF2.4MB)

<イベント2>

■ 名  称 「酔くろうアートナイト」
■ 概  要 鹿児島の夜の新しい過ごし方の提案として,飲食しながらアーティストのライブペインティングを楽しめるイベントを開催する。
■ 日  時 平成30年2月24日(土) 18:00~22:00
■ 場  所 ラ・キヌア(鹿児島市中町8-9)
■ 料  金 3,000円/人(ブッフェ形式,1ドリンク付)
■ 企画運営 アートナイト@KAGOSHIMA 運営委員会
■ プレスリリース資料
■ フライヤー
「酔くろうアートナイト」 プレスリリース資料(PDF1.5MB) 「酔くろうアートナイト」 フライヤー(PDF1.8MB)

<イベント3>

■ 名  称 企画展「なくてもいいものなんでしょうけど」言葉で感じる天文館
■ 概  要 天文館の老舗店主にインタビューし,仕事や街への想いを感じる「言葉」を集め,本人の愛用品などと共に展示する企画展を開催する。
■ 日  時 平成30年2月23日(金)~25日(日) 各日11:00~19:00(最終日は17:00まで)
■ 場  所 Shop & Gallery SOMETHING(鹿児島市東千石町11-14-2)
■ 料  金 無料
■ 企画運営 言葉で感じる天文館実行委員会
■ プレスリリース資料
■ フライヤー
企画展「なくてもいいものなんでしょうけど」言葉で感じる天文館 プレスリリース資料(PDF573KB) 企画展「なくてもいいものなんでしょうけど」言葉で感じる天文館 フライヤー(PDF319KB)

2.講座特別講演会

■ 名  称 文化芸術による地域活性化(アートマネジメント入門編) 特別講演Vol.2
■ 日  時 平成30年2月25日(日)10:30~12:00
■ 場  所 県民交流センターギャラリー第1
■ 講  師 伊藤達矢氏(東京藝術大学美術学部特任准教授)
■ 演  題 「アートで社会を変える実践~福島/会津と東京/上野での取り組み~」
■ 定  員 100名(申込み不要)
■ 料  金 無料

たくさんの投稿ありがとうございました。

「大隅」を撮って“和牛日本一”の鹿児島黒牛をもらっちゃおう!キャンペーンにたくさんのお写真を投稿いただき、誠にありがとうございました。厳正な抽選の結果、当選者の方には商品の発送をさせていただきました。

アートマネジメント入門編 社会と私たちを繋げるために

アートマネジメント入門編 社会と私たちを繋げるためにアートマネジメント入門編 社会と私たちを繋げるためにアートマネジメント入門編 社会と私たちを繋げるためにアートマネジメント入門編 社会と私たちを繋げるために

文化芸術による地域活性化講座アートマネジメント入門編、成果発表前の最後の講座「広報・PR活動を行う」が開催されました。

チームメンバーみんなで検討を重ね作るチラシも含め、実際に、自分たちの作った企画が社会的にどんなところが魅力なのかを徹底して考えます。

それが、広報・PRということであり、これまでずっと作ってきた自らの企画を改めて外から見てみるという重要な視点であることも実感していきます。

特に、ジャーナリストを対象として作るプレスリリースは、さまざまな企画を見慣れている記者に取り上げてもらうために、わかりやすく社会的な魅力が伝わる内容にすることが大切。講師から、「企画のみどころを1文30文字程度で3つ作る」という課題が出て苦戦する受講生。主催者は思いがある分、逆になかなか言葉にならなかったり伝えたいことがたくさんあり過ぎてぼやけたりしがちですよね。わかります。。

チラシ制作と並行しての広報・PRを考える今回の講座は、企画する側のコンセプトや内容がまとまっていないと苦しい時間になったかもしれません。

しかし、年明けにはチラシ印刷、発送・配布も待っています。講座が終わっても、すべてのチームが会場に残って、チラシの校正やプレスリリース作成を長時間続けていました。別途集まったり、年末年始も検討を続けるという受講生。それぞれの企画は確実にいいものになってきていて驚くほどですが、それが社会に対して正しく理解され魅力的に伝わるよう、あと一歩、みなさんがんばってくださいね!

いよいよ、2月25日の成果発表に向けて運営側も含めみんながラストスパートです!

大隅アートライブ展アートマーケットを11月26日(日)開催します。

■ 名  称 大隅アートライブ展アートマーケット
■ 日  程 平成29年11月26日(日)
■ 開催時間 10:00〜16:00
■ 開催場所 鹿屋市秋まつり会場 まちなかパーク(鹿屋市大手町1-1)
※雨天予報のためリナシティかのや1階に変更します。
■ 参加アーティスト 藤本髙廣(展示販売)
藤本髙廣 藤本髙廣 ※作品イメージ
いちだみなみ(展示販売・ワークショップ)
架爾美智也(展示販売)
田原迫 華(作品制作)
萩原貞行(展示販売)
橋口博幸(ワークショップ)
宮内裕賀(展示販売・作品制作)
会場で作品をお作りします! 田原迫 華 「似顔彫刻レリーフ」
あなたを見ながら、ハガキサイズ程度の小さな肖像レリーフを粘土で作り、型取りし石膏に成形してお渡しします。
料金 : 5,000円(後日郵送の場合+送料1,000円)当日夕方にお受け取りいただくことも可能です。
時間 : 10時〜15時(モデルをつとめていただく時間は20分程度)
参加人数 : 10名限定
※一人ずつ制作いたしますので、時間を指定してのご予約をおすすめいたします。
予約先 : 080-1781-7908 もしくは hanasculp@yahoo.co.jp(田原迫)まで
※ご予約の際、下記の項目をお知らせください。
「大隅アートライブイベント 似顔彫刻レリーフ予約」
1.お名前
2.ご連絡先(携帯電話等当日連絡がとれるもの)
3.ご希望時間帯(10時から15時までの間30分程度)
4.お受け取り方法(当日16時受け取りor後日郵送)
田原迫 華 「似顔彫刻レリーフ」 田原迫 華 「似顔彫刻レリーフ」
※写真はイメージです。
宮内裕賀 「イカ墨画(サムホールサイズ)」
444種類の中から似合うイカをお選びし、イカ墨で描きます。
時間 : 1回20分程度
料金 : 2,000円
楽しいワークショップ! いちだみなみ 「風と光を楽しむ球体モビール」
参加費 : 500円~1,000円(サイズにより変動)
参加人数 : 20名限定
橋口博幸 「竹のミニ門松作り」
参加費 : 1つ/500円 2つ/1,000円
材料がなくなり次第終了
橋口博幸「竹のミニ門松作り」
※写真はイメージです。
ダンボールハウス作り「クリスマスハウスを作ろう」
ダンボールハウス作り「クリスマスハウスを作ろう」 詳細は、こちらをご覧ください。

 

アートマネジメント入門編 伝えるために

アートマネジメント入門編 伝えるためにアートマネジメント入門編 伝えるためにアートマネジメント入門編 伝えるためにアートマネジメント入門編 伝えるために

アートマネジメント入門編もあと2回の講座を残すのみとなり、今回が7回目の講座「チラシをデザインする」です。

チラシをデザインするには企画が出来上がっている必要があるということで、受講生も運営側も前回の講座後もいろいろと試行錯誤の日々でした。

それでもまだ受講生のみなさんは企画として何かもっと面白くできるのではないか、何かできることがあるのではないかと詰め切れない様子。

そんなみなさんの会話の中から出てくる言葉も拾いながら、受講生のラフ画をその場でデジタルで見せてチラシを作る感触を伝えようとする講師村山淳さん。

「伝えるために」どうするか。どうすれば伝わるチラシになるか。

チラシをデザインするにあたって、最も大切なことは何かを前回の座学に続いて繰り返し伝える講師と、それを実際に自分たちの企画で実践するタイムリーなやりとりは楽しくも悩ましいものであったようです。

チラシ入稿は年内の予定。ラフ画から見ている私たちも受講生も出来上がりを楽しみにしています。

企画はもちろん、チラシもどうぞお楽しみに!

おおすみACTガイドブック出来ました!

おおすみACTガイドブックガイドブックのダウンロードはこちら

■ガイドブック設置場所
鹿屋市役所 農林商工部ふるさとPR課 鹿屋市共栄町20-1
垂水市役所 水産商工観光課 観光推進係 垂水市上町114
曽於市役所 商工観光課 曽於市末吉町二之方1980
志布志市役所 港湾商工課観光係 志布志市有明町野井倉1756
大崎町役場 企画調整課 商工観光係 曽於郡大崎町假宿1029
東串良町役場 企画課 肝属郡東串良町川西1543
錦江町役場 観光交流課 肝属郡錦江町田代麓827
南大隅町役場 観光課 肝属郡南大隅町根占川北225
肝付町役場 産業創出課 商工観光係 肝属郡肝付町南方2643
鹿児島県霧島アートの森 姶良郡湧水町木場6340-220
かのやばら園 鹿屋市浜田町1250
(株)まちづくり鹿屋 業務管理課 鹿屋市大手町1-1
児玉醸造有限会社 工場長 肝属郡東串良町川東4004
道の駅弥五郎伝説の里 曽於市大隅町岩川6134-1
道の駅たるみず湯っ足り館 垂水市牛根麓1038-1
国民宿舎ボルベリアダグリ 志布志市志布志町夏井203
鹿屋市立図書館 鹿屋市北田町11107
志布志市立図書館 志布志市志布志町志布志2250-1
曽於市立図書館 曽於市末吉町ニ之方2019
曽於市立図書館大隅分館 曽於市大隅町中之内9146
曽於市立図書館財部分館 曽於市南俣460-1
垂水市立図書館 垂水市南松原町38
国立大隅少年自然の家 鹿屋市花里町赤崩
鹿児島市立美術館 鹿児島市城山町4番36号
かごしまメルヘン館 鹿児島市城山町5-1
岩崎美術館 鹿児島県指宿市十二町3755
長島美術館 鹿児島市武3-42-18
松下美術館 霧島市福山町福山771
Mizuho oshiroギャラリー 鹿児島市紫原6-51-25
ホワイトギャラリー 鹿児島市下竜尾町25-7
山形屋画廊 鹿児島市金生町3-1 山形屋3号館3F
ギャラリー杜 鹿児島市中町5-2
グラスギャラリー蘭 鹿児島市鷹師1-3-6
ギャラリー彩 鹿児島市呉服町3-6 山口ビル2F
Art Space 道 鹿児島市郡山町郡山4208
ギャラリーセージ 鹿児島県鹿児島市城西2丁目10-22
SOMETHING 鹿児島市東千石町11-14-2 サムシングビル2F
レトロフトMuseo 鹿児島市名山町2-1 レトロフト千歳ビル2F
ギャラリー白樺 鹿児島市泉町14-9
NEW ALTERNATIVE 鹿児島市武1-21-39
ARTHALL天文館画廊 鹿児島市東千石町3-45
GOOD NEIGHBORS 鹿児島市住吉町7-1
大谷画材 鹿児島市加治屋町12-6
高木画荘 鹿児島市呉服町3-4
(有)集景堂 鹿児島市東千石町11番8号
鹿屋アスリート食堂 鹿児島県鹿屋市古里町594-1
SOUVENIR(スーベニア) 姶良市蒲生町上久徳2307-5
coffee & gallery 蒼 鹿児島市中山町918-5
Araheam 鹿屋市札元1丁目24-7
えん不動産byエンジニアリング開発 鹿屋市寿3-6-6
aview Cafe&Flowers 鹿児島市宇宿5-13-1
TAK Bageri-Cafe 鹿児島市武岡4-20-1
waffle cafe lu-ca 鹿児島市東千石町20-19-1F
KENTA STORE 鹿児島市東千石町10-12
OWL 鹿児島市東千石町14-16矢上ビル2F
never again 鹿児島市中町3-10 日専連ビル1-1
すすむ屋茶店 鹿児島市上之園町27-13
Coffee Soldier (コーヒーソルジャー) 鹿児島市東千石町17-9松清ビル1-B
おおすみ美食市場 マルシェ&レストラン 鹿児島市松原町11-20

 

アートマネジメント入門編 企画の目標・目的は何なのか!?

アートマネジメント入門編 企画の目標・目的は何なのか!?
アートマネジメント入門編 企画の目標・目的は何なのか!?
アートマネジメント入門編 企画の目標・目的は何なのか!?
アートマネジメント入門編 企画の目標・目的は何なのか!?

第5回でそれぞれのチームが作った企画案を、先週10/7、特別講演に登壇後の会田大也さんにアドバイスいただく機会をもらった受講生のみなさん。

その後に企画がどのように変化しているのか楽しみでもあったり、それぞれの立場で悲喜こもごもの第6回「イベント企画を練る」の講座が始まりました。

いつもより長めのチームビルディングで、これから議論をより活発にして企画をまとめていくリーダーと一緒に支えるメンバーの役割とあり方を再認識したのも束の間、ガシガシと企画を詰めるグループワークへと突入。3段階に分かれたグループワークでは、バックキャスティング※で目標や目的がブレないよう自己評価できるような学びもありました。

面白い視点や企画材料がありながら、それを展開させる方法や手段でその輝きを失いかけているチームには、講師陣がガッツリ入り時間内補講も。

最後は、それぞれのチーム全員が前へ出てこの時間に精一杯練られた一応の最終企画を発表。課長をはじめ県の担当課も思わず立って見守る中、リーダーを中心にそれぞれのチームらしさが出る発表が続きました。

今回で最終企画として仕上げないと次の講座「チラシをデザインする」に影響するため、運営側の協議もあちこちで並行して行なわれるピリピリと緊張感が漂う実践編。

講座後のアンケートでは、実践編に入り俄然面白くなった、と書いている人もあれば、全体的に難易度が高いと感じていたりと、それぞれに大いに手応えを感じている様子で、運営側としては、丁寧にフォローしながら、より良いものを一緒に作り上げていけたらと思うことでした。

※バックキャスティング:その時(1ヶ月、2ヶ月、発表時など)にどういう状態であるべきかを見据え、今、何をすべきか考えること。

 

アートマネジメント入門編 大きな山場の実践編第1回目

アートマネジメント入門編 大きな山場の実践編第1回目
アートマネジメント入門編 大きな山場の実践編第1回目
アートマネジメント入門編 大きな山場の実践編第1回目
アートマネジメント入門編 大きな山場の実践編第1回目

早くも実践編へと突入した文化芸術による地域活性化講座アートマネジメント入門編。

この事業の大きな山場である「イベント企画を立てる」は、受講者がアートマネジメントの立場で企画を立てられるかが最大のポイント。

受講生は、統括講師の井原さんが、これまでの本講座座学で学んできたことを振り返る復習編を説明されるのを聴きながら、宿題として取り組んできた自らが作った企画に再度思い巡らせているようでした。

大きく3つに分かれたグループの中で受講生それぞれによる企画プレゼン後、アート性、実現可能性、社会性、新規性など数字的評価での企画の絞り込みが行われ、3つの企画案が決定。企画内容による最終希望グループへの受講生の移動が終わった後、チームでの初仕事としてA4用紙を使ったゲームが行われ、単なるグループから、思いを一つにしてゴールに向かって進んでゆく仲間としての「チーム」へと変わった瞬間でした。

決定したとはいえ、粗削りでほわっとした企画内容からは、受講生の迷いや思い込み、伝えきれていない大切なコト、など、受講生の生みの苦しみとは別の、運営側の課題もたくさん見えてきました。

すべてはこれから。受講生とともに議論と思考を重ね、まだ見ぬ企画と受講生のこの経験をより良いものにできたらと思っています。

 

かごしま Art Weekend
アートマネージメント入門編関係報告
文化芸術団体へのリンク
メディアへのへの広告・パブリシティ情報
検索
言語選択
タブレット・スマートフォン対応