Loading...
かごしまACTヘッダーイメージ

アートマネジメント入門編 最終回「取り組みを検証する」

アートマネジメント入門編の第8回、最終回です。講義テーマは、「取り組みを検証する」でした。最初にのび体操などをしたあと、「タイムライン」というアイスブレイクをしました。

5月(講義開始)から11月(講義終了)まで、やる気に満ちあふれてた時期があったり落ち込んだ時期があったり、という感情の起伏の過程を皆で分析しました。

その次は、チームごとにKPT分析というのをしました。「Keep(できたこと、すべきこと)」「Problem(できなかったこと、改善すべきこと)」「Try(上記の2点から、次はどうするべきか)」という分析です。

切子チームは「アート性をもっと追求すれば良かった。ブックレットなどを作ったりして、今後に残していければよかった。見せ方ももっと工夫するべきだった。」

着物チームは「思ったより集客があり、かつ反応も良かった。『実際来てみないと、何をやってるのかわからなかった』と言われたので、もっとわかりやすいチラシにするべきだった。」

灰チームは「子どもたちの笑顔があったのが良かった。海外の方もたくさん来てくれた。役割分担がうまくいってなかった。意見が出てはいてもまとまらなかった。他のチームより苦労したが、その分学びがあった。」

フラダンスチームは「SNSでの広報が今ひとつだった。ワークショップをアーティストに任せっきりだった。パンフをもっと充実させるべきだった。コラボでアーティストの良さを引き出せたのが良かった。」
等の分析でした。

その後、役割別(リーダー、サブリーダー、ファシリテーター、マネージャー、広報 ・PR、記録)に分かれて振り返りをしました。そして、全員で車座になって講座全体を通しての感想、気づき、学びを一言で紙に記入して発表しました。

最後に、修了証書を授与して、記念撮影をしました。

これでこの6ヶ月の講座も終了です。皆さんの発表を聞いていると、皆さんの成長が窺えて、聞いてるだけで感無量でした。
これからも是非、アートに関わって頂いて、自分たちでアート企画が実施できるほどになっていただけたら、とてもうれしいです。
皆さんお疲れ様でした!

SATSUMA城山物語2018
かごしま Art Weekend
アートマネージメント入門編関係報告
文化芸術団体へのリンク
メディアへのへの広告・パブリシティ情報
検索
言語選択
タブレット・スマートフォン対応