Loading...
かごしまACTヘッダーイメージ

アートマネジメント入門編 「チラシをデザインして、広報PRする」

アートマネジメント入門編の第5回。
講義テーマは「チラシをデザインして、広報PRする」でした。

まず、井原先生から、「企画の現状確認」がありました。
・どういう企画になっているのか
・課題はなんなのか
・不安に思っていることは何か
をチーム内で話し合いました。

その後、市村先生が「アイスブレイク(緊張を解きほぐすゲーム)」をされました。廊下に張った絵を一人が見に行って、室内に残ったメンバーに伝え、絵にしてもらい、どの程度伝わるのかのゲームです。結構皆さん正確な絵の再現がされてましたよ!

次は、四元先生の講義です。
広報(リリースの仕方)に関する講義でした。
・広報・PRとは=Public Relations「公」との「関係」を築く仕事
☆コンセプト:主体は何者か・何を発信するのか
☆メディア:そのツールでパブリックとつながるか・手間と効果のバランス
☆タイミング:その時期でメディアは余裕を持って対応できるか
☆マテリアル:他と類似してないか・その表現は正しいか

また、チームごとに、企画のプレスリリースを作り、発表するワークもしました。

昼食後に二度目のアイスブレイクでした。
市村先生が口頭で指示した、流れ星・月・木・家・鳥を描く。というものです。できあがった絵を見せ合うと、やはり人によって解釈がだいぶ違って面白かったです!

次は村山先生の講義です。
<デザインに関する講義>
・伝えたいことの整理整頓と優先順位
<チラシのラフデザインを作る>
・伝えることの明確化
・取り扱う情報の把握・優先順位・整理整頓→それを踏まえてのラフの実製作

予算の使い方の指導があったあと、講義としては一度締めて、その後各チームで打ち合わせをしました。今回で座学編は終了です!8月17日・9月7日に中間発表会があるので、それに向けて皆さん頑張ってください!

SATSUMA城山物語2018
かごしま Art Weekend
アートマネージメント入門編関係報告
文化芸術団体へのリンク
メディアへのへの広告・パブリシティ情報
検索
言語選択
タブレット・スマートフォン対応