Loading...
かごしまACTヘッダーイメージ

アートマネジメント入門編 「企画を決める・チームをつくる」

アートマネジメント入門編の第3回。講義テーマは、「企画を決める・チームをつくる」についてでした。

まず、井原慶一郎先生から、アートマネジメントについての復習説明がありました。アート企画の立て方、アートの必要性、鹿児島県の文化振興の実例についてもご紹介いただきました。

特に印象深かったのは
「企画づくりのポイント5箇条」で
①まずはリサーチをしっかりと!
②チームの中での適材適所 自分の個性を活かして!
③強い思いがひとを動かす!
④迷ったら原点に立ち返る
⑤異なる要素を組み合わせて新たな価値を創造する
というものでした。これは根本的に大切な5箇条だと思いました。

次は、市村良平先生が、受講生が提出した企画案を、受講生たちに選抜させ、選ばれた企画のどのチームに入りたいかを決定させました。
まず、企画の選抜については、事前に提出された全員分の企画案を4チーム(各6~7人程度)に分けて、チーム内全員に採点させ、一番高い点数の企画を選ぶ形としました。
結果、
・着物×○○(○○は検討中)
・サクラ咲く火山灰アート
・You know Satsumakiriko
・フラメンコと島唄
の4企画に決まり、その後受講生たちそれぞれにやりたい企画チームに入るように指示しました。

その後、「チームでプロジェクトを進める上で大事なこと」として講義があり、「クォリティ・コスト・デリバリー」のバランスが大事だということを教えていただきました。

講義後半は、企画のブラッシュアップ、コンセプトのまとめ、企画書にまとめる、今後1ヶ月後・2ヶ月後・3ヶ月後にはどの程度企画が進んでいる算段でいるのか。など、具体的な話もだいぶ進みました。

次回・7月21日(土)は特別講演及び企画相談会です!
ミュージアムエデュケーターの会田大也先生をお招きして、講演をしていただいた後、今回決めた4点の企画を相談する企画相談会が開かれます!受講生の皆さん、次回も頑張りましょう!

SATSUMA城山物語2018
かごしま Art Weekend
アートマネージメント入門編関係報告
文化芸術団体へのリンク
メディアへのへの広告・パブリシティ情報
検索
言語選択
タブレット・スマートフォン対応