Loading...
かごしまACTヘッダーイメージ

アートマネジメント入門編開催報告

アートマネジメント入門編2018が始まりました!

アートマネジメント入門編2018が始まりました!アートマネジメント入門編2018が始まりました!アートマネジメント入門編2018が始まりました!アートマネジメント入門編2018が始まりました!アートマネジメント入門編2018が始まりました!

2018年度文化芸術による地域活性化講座アートマネジメント入門編が始まりました!

昨年度に引き続きの開催ですが、今年度は初級者向けとはいえ、成果発表のタイミングが約5ヶ月程早くなるというある意味ハードルが上がった講座となっています。

講師陣のみなさんも勢揃いされた第1回講座は、いきなり直球の「アート企画の立て方」でした。

アートマネジメントの考え方やその手法のいろいろを統括講師の井原慶一郎氏から丁寧に講義を受けたあと、昼食休憩ののち、昨年度も盛り上がった声を出さずに誕生日順に整列するバースデーチェーンで一旦アイスブレイク。ずいぶんとみなさん笑顔になってきました。その甲斐あってか、その後の自己紹介はみなさん大幅に時間オーバーするくらいの勢い。この講座への熱意とやる気を感じました。

市村良平氏による今回のメインテーマ「企画の立て方」を熱心に聞き入る様子はもちろん、その後のグループワークも含め、それぞれがこの講座を受講希望された目的の明確さや感度の良さを感じました。それだけ、それぞれの環境における課題意識が高く、大きな期待を持ってここに臨んでいるのだろうと思われました。それに応えるべく、改めて、身が引き締まる気がしました。

今年度から1日がかりとなった講座。研修の一環として同じテーブルの人同士で昼食をとるというミッションを事前に伝え、昼食持参で来ていただいた受講生のみなさんは、食べているものの味もよくわからなかったかもですね。

束の間の昼食時間まで講座に含まれるというなかなかスパルタな講座初日となりましたが、アンケートでは、とても簡単な内容だったとか、あっという間の6時間でしたなど、余裕のコメントも。賢く逞しく朗らかな受講生のみなさんとこれからガシガシと進んでいきます!

アートマネジメント入門編 社会と私たちを繋げるために

アートマネジメント入門編 社会と私たちを繋げるためにアートマネジメント入門編 社会と私たちを繋げるためにアートマネジメント入門編 社会と私たちを繋げるためにアートマネジメント入門編 社会と私たちを繋げるために

文化芸術による地域活性化講座アートマネジメント入門編、成果発表前の最後の講座「広報・PR活動を行う」が開催されました。

チームメンバーみんなで検討を重ね作るチラシも含め、実際に、自分たちの作った企画が社会的にどんなところが魅力なのかを徹底して考えます。

それが、広報・PRということであり、これまでずっと作ってきた自らの企画を改めて外から見てみるという重要な視点であることも実感していきます。

特に、ジャーナリストを対象として作るプレスリリースは、さまざまな企画を見慣れている記者に取り上げてもらうために、わかりやすく社会的な魅力が伝わる内容にすることが大切。講師から、「企画のみどころを1文30文字程度で3つ作る」という課題が出て苦戦する受講生。主催者は思いがある分、逆になかなか言葉にならなかったり伝えたいことがたくさんあり過ぎてぼやけたりしがちですよね。わかります。。

チラシ制作と並行しての広報・PRを考える今回の講座は、企画する側のコンセプトや内容がまとまっていないと苦しい時間になったかもしれません。

しかし、年明けにはチラシ印刷、発送・配布も待っています。講座が終わっても、すべてのチームが会場に残って、チラシの校正やプレスリリース作成を長時間続けていました。別途集まったり、年末年始も検討を続けるという受講生。それぞれの企画は確実にいいものになってきていて驚くほどですが、それが社会に対して正しく理解され魅力的に伝わるよう、あと一歩、みなさんがんばってくださいね!

いよいよ、2月25日の成果発表に向けて運営側も含めみんながラストスパートです!

アートマネジメント入門編 伝えるために

アートマネジメント入門編 伝えるためにアートマネジメント入門編 伝えるためにアートマネジメント入門編 伝えるためにアートマネジメント入門編 伝えるために

アートマネジメント入門編もあと2回の講座を残すのみとなり、今回が7回目の講座「チラシをデザインする」です。

チラシをデザインするには企画が出来上がっている必要があるということで、受講生も運営側も前回の講座後もいろいろと試行錯誤の日々でした。

それでもまだ受講生のみなさんは企画として何かもっと面白くできるのではないか、何かできることがあるのではないかと詰め切れない様子。

そんなみなさんの会話の中から出てくる言葉も拾いながら、受講生のラフ画をその場でデジタルで見せてチラシを作る感触を伝えようとする講師村山淳さん。

「伝えるために」どうするか。どうすれば伝わるチラシになるか。

チラシをデザインするにあたって、最も大切なことは何かを前回の座学に続いて繰り返し伝える講師と、それを実際に自分たちの企画で実践するタイムリーなやりとりは楽しくも悩ましいものであったようです。

チラシ入稿は年内の予定。ラフ画から見ている私たちも受講生も出来上がりを楽しみにしています。

企画はもちろん、チラシもどうぞお楽しみに!

アートマネジメント入門編 企画の目標・目的は何なのか!?

アートマネジメント入門編 企画の目標・目的は何なのか!?
アートマネジメント入門編 企画の目標・目的は何なのか!?
アートマネジメント入門編 企画の目標・目的は何なのか!?
アートマネジメント入門編 企画の目標・目的は何なのか!?

第5回でそれぞれのチームが作った企画案を、先週10/7、特別講演に登壇後の会田大也さんにアドバイスいただく機会をもらった受講生のみなさん。

その後に企画がどのように変化しているのか楽しみでもあったり、それぞれの立場で悲喜こもごもの第6回「イベント企画を練る」の講座が始まりました。

いつもより長めのチームビルディングで、これから議論をより活発にして企画をまとめていくリーダーと一緒に支えるメンバーの役割とあり方を再認識したのも束の間、ガシガシと企画を詰めるグループワークへと突入。3段階に分かれたグループワークでは、バックキャスティング※で目標や目的がブレないよう自己評価できるような学びもありました。

面白い視点や企画材料がありながら、それを展開させる方法や手段でその輝きを失いかけているチームには、講師陣がガッツリ入り時間内補講も。

最後は、それぞれのチーム全員が前へ出てこの時間に精一杯練られた一応の最終企画を発表。課長をはじめ県の担当課も思わず立って見守る中、リーダーを中心にそれぞれのチームらしさが出る発表が続きました。

今回で最終企画として仕上げないと次の講座「チラシをデザインする」に影響するため、運営側の協議もあちこちで並行して行なわれるピリピリと緊張感が漂う実践編。

講座後のアンケートでは、実践編に入り俄然面白くなった、と書いている人もあれば、全体的に難易度が高いと感じていたりと、それぞれに大いに手応えを感じている様子で、運営側としては、丁寧にフォローしながら、より良いものを一緒に作り上げていけたらと思うことでした。

※バックキャスティング:その時(1ヶ月、2ヶ月、発表時など)にどういう状態であるべきかを見据え、今、何をすべきか考えること。

 

アートマネジメント入門編 大きな山場の実践編第1回目

アートマネジメント入門編 大きな山場の実践編第1回目
アートマネジメント入門編 大きな山場の実践編第1回目
アートマネジメント入門編 大きな山場の実践編第1回目
アートマネジメント入門編 大きな山場の実践編第1回目

早くも実践編へと突入した文化芸術による地域活性化講座アートマネジメント入門編。

この事業の大きな山場である「イベント企画を立てる」は、受講者がアートマネジメントの立場で企画を立てられるかが最大のポイント。

受講生は、統括講師の井原さんが、これまでの本講座座学で学んできたことを振り返る復習編を説明されるのを聴きながら、宿題として取り組んできた自らが作った企画に再度思い巡らせているようでした。

大きく3つに分かれたグループの中で受講生それぞれによる企画プレゼン後、アート性、実現可能性、社会性、新規性など数字的評価での企画の絞り込みが行われ、3つの企画案が決定。企画内容による最終希望グループへの受講生の移動が終わった後、チームでの初仕事としてA4用紙を使ったゲームが行われ、単なるグループから、思いを一つにしてゴールに向かって進んでゆく仲間としての「チーム」へと変わった瞬間でした。

決定したとはいえ、粗削りでほわっとした企画内容からは、受講生の迷いや思い込み、伝えきれていない大切なコト、など、受講生の生みの苦しみとは別の、運営側の課題もたくさん見えてきました。

すべてはこれから。受講生とともに議論と思考を重ね、まだ見ぬ企画と受講生のこの経験をより良いものにできたらと思っています。

 

アートマネジメント入門編 受講動機トップの「広報について学ぶ」

アートマネジメント入門編 受講動機トップの「広報について学ぶ」
アートマネジメント入門編 受講動機トップの「広報について学ぶ」
アートマネジメント入門編 受講動機トップの「広報について学ぶ」
アートマネジメント入門編 受講動機トップの「広報について学ぶ」

台風接近で開催が危ぶまれたアートマネジメント入門編第4回目の講座は、「広報・PRについて学ぶ」でした。

本講座への参加申込みの際に、その申込動機として最も多かったのが広報について学びたいでしたので、まさに受講生のみなさんにとって待ちに待った講義でもありました。

にもかかわらず、天候不良でどうしても参加できない方々もいて、何とも世の中はうまくいかないものですね。

講師の四元朝子(よつもとともこ)さんのこれまでの活動紹介から始まった講義ですが、受講生のみなさんはその類まれなキャリアに聞き入っていました。

その事例に絡めるように多岐にわたる広報という仕事をわかりやすく説明していかれる四元さん。国内外で長く広報に携わってきた方だからこそ導き出せたポイントや広報という立場で忘れてはならない視点といった貴重なお話をたくさんしてくださいました。

こういう方がこの鹿児島に帰ってきてくださって本当にうれしいですね。

偶然に同席いただくことになった美術手帖のTさんや本講座を都度追いかけてくださっているNHK鹿児島のKさん、というマスコミの方々にも四元さんからの質問にお答えいただく形でご参加いただき、リアルな現況もお聞きできるという充実した時間が過ぎていきました。

後半は、前回の講義でチラシをデザインした同じチームで、そのチラシの広報も含めた広報計画を整理するワークショップ。使用した計画整理用のワークシートも貴重!長期的で段階的な取組みが必須の広報では、つい忘れがちないろいろもこのワークシートがあれば次から始まる実践編でも丁寧に対応していけることでしょう。

今回で座学編4講義がすべて終了し、受講生には戦いに必要な装備を全部渡せたことになります。

講義の最初はキャンディ企画で甘く和んでいた雰囲気も、講義の最後には、次回からの実践編に向けた宿題も出され、大きな山を登り始めなければならないことにいよいよ真剣な顔となってきた受講生のみなさんは、不安そうに会場を後にしていました。

本講座の醍醐味はこれから。それは運営側も同じこと。講座後の打合せでは、気合を入れていきましょう!と、大きな山を受講生とともに登る覚悟を決めたのでした。

アートマネジメント入門編 歴史に学び未来を創るデザイン編

アートマネジメント入門編 歴史に学び未来を創るデザイン編
アートマネジメント入門編 歴史に学び未来を創るデザイン編
アートマネジメント入門編 歴史に学び未来を創るデザイン編
アートマネジメント入門編 歴史に学び未来を創るデザイン編

アートマネジメント入門編、第3回目 村山淳さんによる「デザインの基本について学ぶ」が終了しました。
企画チラシの作り方他、デザイン全般について学びたい受講生が多い中、今回もまた濃密な内容で講義をしていただきました。

また、講座の時間内に、架空の企画書を基に、実際に個々チラシを制作、そしてプレゼンという課題もこなすため、受講生のこれまで以上に真剣な眼差しが印象的でした。

村山さんには、PandAとしても約1年にわたってお仕事をさせていただいたことがあり、講義当初のデザインの歴史をふりかえる年表や事例紹介の際にその事もご紹介いただいたのはとてもうれしかったです。その頃と全く変わらず、デザインがその歴史の変遷の中で蓄積したあるべき姿や役割を、本当に短い時間の中で精一杯受講生に伝えようとしている様子に、この講座は貴重だなぁと改めて思うことでした。

受講生さながらに、講座後に「デザインの3層構造」をもう少し詳しく教えてください、と質問などもしてみたり。

実際の仕事でデザインいただいたモノやコトは、月日が経つほどに重みを増し、デザインの役割や村山さんが伝えようとしていた事の大切さが、さまざまなシーンで深く心に染みてきます。

ぜひ受講生のみなさんにも、それぞれのフィールドで今後手掛ける企画や仕事の中で、この実感を味わう時が来てくれたらなぁと思っています。

 

アートマネジメント入門編 基軸講座の第2回目終了!

アートマネジメント入門編 基軸講座の第2回目
アートマネジメント入門編 基軸講座の第2回目
アートマネジメント入門編 基軸講座の第2回目

前回第1回目の開催から2週間が経ち、早くも第2回目の講座を迎えた6月24日。

今回は、このアートマネジメント入門編の基軸講座で、これから成果発表までを引っ張り、ぶれないようにすることを学ぶ重要な講座です。もちろん、講座終了後、それぞれがそのフィールドでこの経験を活かすためのエンジンになるものでもあります。

講座開始を告げる統括講師の井原慶一郎さんからのお話の中でもその事が伝えられ、講座がスタートしました。

今回その重要な役を務められたのがサポート講師の市村良平さん。開始前、胃が口から飛び出しそうだとおっしゃっていた市村さんですが、入念な準備とこれまでのご自身の経験をすべて渡たそうとされているようにも見える熱意が感じられる講座は、見事なまでに完璧でした。

脳のあちこちを刺激するようなゲームやスピード感のある進め方で、受講者の心の内や頭の中にモヤモヤとある思いが引き出されていきます。そして、それらをどう企画に反映させていけばいいのか。アンケートからは、まさに開眼しました!といったような喜びの声も窺えました。

基軸講座であるので、統括講師の井原さんの眼差しも鋭く、市村さんと受講生の一挙一動を温かく熱心に見守っていました。最後のまとめでは、企画の組み立て方を分析して考え方を形式化しただけでなく、わかりやすく誰でもそれが実行できるところが素晴らしいと話されました。

私もそこそこ長くアートマネジメントに携わってきましたが、この世界も日々進化していることを感じました。優秀な人材によって、こうして更に深みと広がりを見せていくアートマネジメントとそれによる豊かなアートシーンが展開していく事をとても楽しみに思いました。

米国から日本に入ってきてからはまだ30年程の考え方ですが、日本型のアートマネジメントの在り方を模索し、優秀な人材と貴重な機会で試行錯誤を続けていることが感じられるよう、入門編と言えども、今できる最高の講座内容にすべく、受講生のがんばりに負けないよう主催・運営側でも検討を続けています。

どなたでもご参加いただける特別講演も今後告知していきますので、どうぞお楽しみに!

アートマネジメント入門編 第1回目、無事終了!


梅雨入りしたばかりの6月10日(土)、文化芸術による地域活性化講座アートマネジメント入門編の第1回目の講座が開催となりました。初めてお会いする約30名の受講者のみなさんも、主催側も、講師陣も、全員やや緊張しつつも、定員いっぱいとなった部屋は一気に活気づいての講座開始でした。第1回目の講座内容は「アートマネジメントについて学ぶ」。

まずは、井原慶一郎統括講師のアーツマネジメントの基本概念や日本における活動の経緯や広がりなどアートマネジメントの基礎について広くお話しいただきました。

基本中の基本、アートマネジメントを語るにはこれを知らないと始まらない「王道」を短い時間でわかりやすく教えていただいたのでした。

受講生のみなさんにとっては、初めての言葉や新しい考え方が一気に入ってきた人もいて、戸惑いつつも、短い休憩時間を経て、次の講義へと頭を切り替えなければなりません。

ちょうどいい感じに、アイスブレーキングタイム!ファシリテーションを受講生に向けて実践しながら、その役割や方法についてレクチャーしてくださったのは、サポート講師の安藤淳平さん。自己紹介や丸・三角・四角で描いた似顔絵を使った他己紹介など、あちこち動きながらのコミュニケーションで場が一気に和み、賑やかに。「会議」についてのグループワークへと順調に進み、全グループのプレゼンまで無事終了となりました。

講座は、参加している方々で雰囲気が全然違ってきます。今回は、応募多数により抽選となった事もあり、今日の今日まで先が見えない状況でしたが、受講中の様子や講座後のアンケートから、明るく前向きで、この講座を自分や今抱えている課題解決につなげるため、精一杯がんばろう、楽しもうとする方々ばかりのようで、心からうれしくなりました。

講座は、始まったばかり。これから、月に一回ペースで講座があり、その間もフィールドワークや特別講演など、さまざまな出会いや試みを積み重ねて結果を出していく事になります。

この年代もバラバラの約30人のチームで、何が生まれてくるのか、何がつながっていくのか、何が残されていくのか、今からとても楽しみです。

かごしま Art Weekend
アートマネージメント入門編関係報告
文化芸術団体へのリンク
メディアへのへの広告・パブリシティ情報
検索
言語選択
タブレット・スマートフォン対応